動的解析をやっていてもわかるのだが、
完全に整形な建物(モデル)というのは、
地震動にモロに感応してしまって、ブンブン揺れるのだけれど、
多少歪んでいたりすると、挙動が多方向に逃げてしまって、
若干、変形が小さくなる。
(専門的にはもう少しこまかい条件が付きますけど)

この「挙動を逃がしてしまう」というのが、
何を隠そう、伝統木構造の真骨頂なのだ。
残念なことに、
ほとんど大工のカンと経験に依存した手法なため、
いくつかは習慣として残っていたりするが、
資料としてはまったく存在しない。

大工が習慣的に、
胴差しなどの継ぎ手を左右対称としないことにはじまり、
日光東照宮の、「完全なものには魔物が取り憑く」として、
柱を1本上下逆さまに組んでいたりするのも、
だいぶ遠い話だけど、ルーツは近いと思う。
Android携帯をPCに接続すると、USBマスストレージではなくて、MTPデバイスとして認識される場合がある。その場合、USBマスストレージベースの制御を行うセキュリティソリューションはUSBマスストレージではないので、制御できない。

Twitter / connect24h

あちゃー、公知の事実になっちゃったよ。「ベネッセ情報流出で派遣社員逮捕、営業秘密複製の疑い」 http://owl.li/zgy68 去年7月、松崎容疑者がスマートフォンをパソコンに接続し充電しようとしたところ、偶然、データを移せることに気づいた
[https://twitter.com/connect24h/status/489760544321052673]

(via kuzira8)

(do-nothingから)

15時間前
592 リアクション

そして、甘く見てはならないのは、食事時のレストランだ。レストランの大混雑も、真夏の名物になりつつある。

「実は、レストランのスタッフの人員も大きく削減されています。それにもかかわらず、ゲストの入場は拒まないように上から指導されています。つまり、中に入れる限り、どんどんゲストが入れてしまうのです。しかし、キャパシティを超えているために、サービスの提供が間に合いません。低レベルのホスピタリティ(おもてなし)にクレームを入れられるゲストもいらっしゃいますが、そもそも現場に配置される人数が少なすぎるため、どうしようもないのです」(同)

 また、セルフサービス形式のレストランでは、料理を手にできたものの、空いたテーブルが見つからず立ち尽くすファミリーも目立つ。

「かつてであれば、先に注文してからテーブルを探すよう働きかける空席案内係がいましたが、そういった係は真っ先になくなり、我先にと席に座るファミリーも出てきました。今では、満員の店内でテーブルが見つからず仕方なく立ち食いしているファミリーもいますが、立ち食いをしていると店員から注意されるのです」(同)

シベリアに巨大な穴が出現した。出現の理由はまだわかっていない。
姉が「PCもらったからセットアップして〜。あっでもキーボード今ないから持ってきて〜。」って言ってきたので、念のためマウスも持ってお宅に伺ったら、そこには液晶モニタだけがポツンと置いてあって崩れ落ちた。

そして、司馬遼太郎が紹介したこんなエピソードを思い出した。

以下紹介する。

モンゴルほどペレストロイカにあざやかに反応し、過敏だった国はない。ここ1年で、モンゴルモンゴルであることを回復文化的自立)した。

たとえば仏教ラマ教)の復興、固有文字の復活…。

ウランバートルでこんな話を聞いた。

モンゴル文字ワープロを開発してくれないか。製品はむろんぜんぶひきとるが」

と、モンゴル担当者が、日本の関係者にそう言ったという。

「私どもはそのためのドルを用意している。ただし、十数万ドルだが」

むろんそれっぽちでは、とても足りない。

「あとは、羊でうけとってくれ」

この例ひとつをみても、草原の市場経済は、理論的にも実際的にも、ゼロからはじめねばならないということがわかる。話を聞いて私は大笑いしたが、同時にけなげさも感じた。

①楽譜通りに進行しても、当然普通に演奏できる。

②最後まで行った後に、逆行して演奏しても完璧に音楽が成り立つ。しかも①とは違う旋律。

③両方から同時に演奏しても、美しいメロディーになっている。

④楽譜自体がメビウスの輪になっている。

坂本竜馬は、一次情報的には何をした人物かは極めて謎が多い。みんなが考える竜馬像は、坂崎紫瀾さんの伝記小説および、それを基にした司馬遼太郎さんの創作のイメージなんだよね。